1. 明日はプレゼン

    明日は新築のプレゼンの日。敷地を見に行って2週間。

  2. 地鎮祭

    本日、葛屋の解体工事着手前に地鎮祭を行いました。お寺さんによる地鎮祭は、お経を唱えて頂き、馴染みのある言葉に、気持ちも引き締まります。来週から始まる解体が無事終わりますように。M様本日はありがとうございました。

  3. 和室、縁側の大工工事

    丹波篠山市のO様邸では和室、縁側の大工工事が終わりました。2間幅のサッシが連なり壁がない分、柱のみで下屋の丸桁を支えていました。

  4. 車庫新築工事大詰めです

    多可町での車庫新築工事が大詰めです。車庫は4月に完成し、先に使っていただいていました。その後、山からの雨水対策の排水路や本堂の屋根の取り合い工事に着手し、来月にはすべての工事完成を迎えます。

  5. 古民家リノベーション

    丹波市市島町で新たな古民家リノベーションが始まりました。今回は屋根の葺き替え工事も一緒に行いますので、私がこの仕事をし始めてから、最も大きな住宅のリノベーションです。まずは仮設工事。鉄板を敷いて、侵入路を確保して、足場を建てる。

  6. 自宅でこんな景色が見られたら

    もし自宅からこんなにも素敵な景色が眺められるとしたら。大きな窓をつける価値は大いにあると思います。窓は断熱性上どうしても欠点になりますが、断熱性能の高い窓を必要だと思う場所に、必要な数だけに絞って取り付ける。

  7. 2階の大工工事が大詰めです

    丹波篠山市のO様邸では、2階から工事を進めています。大工工事が今週末で終わる予定ですので、来週から仕上げ工事に入り、5月中頃に2階へ引っ越ししてもらいます。樋(一部施工中)、焼き板、熨斗水切りも新しくなり、より一層和風の趣が出てきました。

  8. 断熱工事終わりました

    丹波篠山市のO様邸では、2階のサッシが入り、断熱工事が終わりました。大工さん3人にお世話になっていたので、みるみるうちに進んでいきました。後は天候を見ながら、外部の焼き板貼りか中の窓枠、石膏ボード張りへと移っていきます。

  9. シャッターの打合せ

    先日上棟したO様邸で三和シャッターさんとの打合せがありました。営業の方が的確にこちらの質問に答えてくださって、気になっていた納まりも解決しました。後は納期を待つのみです。車2台分の電動シャッターと車1台分の手動シャッターが取り付きます。

  10. いよいよ上棟です

    先週の天候により、上棟日を延ばしていましたが、いよいよ今週車庫の上棟を迎えます。土台伏せ、本堂の下屋根の葺き替えは終わりました。お施主さんと一緒に塗った羽目板も上棟後すぐに施工していきます。

  11. 高いところは

    お寺本堂の妻面漆喰の補修工事が終わりました。冬場の現地調査の時に屋根に上り補修箇所を確認した時は、足場も何もなく、足ががたがた震えていたのを覚えています。高いところは苦手です・・・。

  12. 一度は・・・

    誰もが一度は考えたことがある、離れのお風呂が自宅にある生活。いつでも温泉に来たような、素敵な雰囲気のお風呂です。今回ご縁があり、外壁の傷みを直し、換気扇をつける工事をさせて頂きました。外壁は焼き板の素焼き。

  13. 黒石住吉神社~桔木、登裏甲~

    黒石神社では屋根の工事が進んでいます。破風板の上に登裏甲(のぼりうらごう)が取り付いていました。10㎝程の板を小口面を向けて破風板の形に合わせてのせています。登裏甲と軒付の間にベニヤ板をかませて、金属屋根が差し込めるようにしてありました。

  14. 新しい工事が始まりました

    丹波篠山市のO様邸の工事が着工しました。家族6人、3世代同居のリフォームです。耐震改修、介護リフォーム、2階から着手と色んな要素を含んでいますが、安全第一で工事進めていきます。O様よろしくお願いします。

  15. 養生めくり

    丹波市T様邸では工事が大詰めとなってきました。昨日養生めくりを行い、夜の様子を写真におさめました。今週薪ストーブを設置して完成です。

  16. 多可町 基礎工事

    多可町では解体工事が終わり、基礎工事に着手しました。配筋が終わり来週立ち上がりのコンクリートを打設する予定です。来月初旬にはお客さんと一緒に羽目板の塗装をして、上棟後大工さんに軒天の板として施工してもらいます。

  17. 若宮神社から黒石住吉神社へ

    先日は会長と半日同行でした。朝から三木市の若宮神社の現地測量。初めて平板測量を教えてもらいました。この測量をもとに確認申請を出して、4月から基礎着工します。お昼から現在進行中の黒石住吉神社へ。

  18. ストリップ階段

    いつも階段といえば、箱階段。段板と蹴込板がある階段です。T様邸では部屋の広がりを確保するためと、階段の裏側も見えるので、ストリップ階段を提案させて頂きました。

  19. 梁を入れ替えました

    丹波市のT様邸では、2階の2部屋を解体して、その部分は1階の部屋の吹き抜けになります。もともとあった地松の梁の真ん中1本を抜き、両側の2本を杉の梁に入れ替えたことで、開放感が生まれました。

  20. 木塀工事すべて完成しました

    本日の仮設トイレの撤去をもって、すべての工事が終わりました。道路側はお店に入りやすい低めの高さの木塀。敷地裏側は目隠しの為、高さ1.7mほどのルーバーラティスを使用した木塀。街並みになじむ木塀が完成しました。

ページ上部へ戻る