リフォーム

  1. S様邸

    丹波市で工事が進んでいるS様邸では、土間コンクリートの打設が終わり、木工事に入りました。

  2. 木製ガラリ戸

    H様邸に米ヒバのガラリ戸が入りました。ガラリ戸は、外部からの視線や夏場の直射日光を遮りながら、同時に通風も図れます。縦框横框が室内から見えないように大きさを工夫し、横格子だけが見えるようにしています。

  3. 古民家リノベーション S様邸

    丹波市のS様邸古民家リノベーションが始まりました。差し鴨居や天井板、建具はS様邸の雰囲気を出す大切な要素ですので、残して工事を進めます。電気配線は極力露出配線にならないように既存天井板の上に転ばし根太を打って、そこに配線して頂きます。

  4. 珪藻土の魅力

    家づくりでやりたいことの優先順位を決めるとき、「家の持つやすらぎを深めてくれるもの」を優先したいといつも考えています。珪藻土の壁はそのひとつ。余分な湿気や臭いを吸収してくれる天然素材。梅雨の時期でも部屋の中はじめじめせず、快適に過ごせます。

  5. H様邸養生めくり

    丹波市氷上町のH様邸で本日養生めくりを行いました。64㎡(19坪)、木造平屋建て。母屋の隣に建つ離れのリノベーション。20年前にご両親がおばあちゃんと中学生の息子たちのために建ててくれた離れです。

  6. 庭を活かす

    丹波市市島町Y様邸のリノベーションも仕上げ工事の段階になりました。リノベーションの場合、すでに立派なせんだいがあったり、中庭があったりとその庭をどう活かすかも間取りを考える中で大切にしたいところです。

  7. 公民館の漆喰塗り替え

    中井工務店では、個人のお客様だけでなく、自治会様から公民館などの修繕を頼まれることも多くあります。現在進行中の公民館の修繕では、建具の調整や外壁の鉄板貼り、サッシの入れ替え、電気配線の更新等ありますが、漆喰の塗り替えが工事の大部分をしめています。

  8. H様邸 低い天井と陽だまり

    丹波市で進んでいるH様邸リノベーション。大工工事が終わり内装工事に入りました。H様邸では天井高さを2m20cmに抑えています。

  9. Y様邸

    市島町のY様邸リノベーションですが、大工工事が大詰めとなってきました。既存木製建具を再利用するので、建具に合わせて敷居、鴨居に溝をつき、柱にも戸当たりのしゃくりをつけています。難しい納まりですが、丁寧に仕上げてもらいました。

  10. 薪ボイラー

    お風呂のお湯を沸かす機器は、最近ではほとんどエコキュートかエコジョーズ(ガス給湯器)です。U様邸では20年以上薪ボイラーを使われていて、今回の工事でも薪ボイラーを設置することになりました。

  11. 和室、縁側の大工工事

    丹波篠山市のO様邸では和室、縁側の大工工事が終わりました。2間幅のサッシが連なり壁がない分、柱のみで下屋の丸桁を支えていました。

  12. 古民家リノベーション

    丹波市市島町で新たな古民家リノベーションが始まりました。今回は屋根の葺き替え工事も一緒に行いますので、私がこの仕事をし始めてから、最も大きな住宅のリノベーションです。まずは仮設工事。鉄板を敷いて、侵入路を確保して、足場を建てる。

  13. 自宅でこんな景色が見られたら

    もし自宅からこんなにも素敵な景色が眺められるとしたら。大きな窓をつける価値は大いにあると思います。窓は断熱性上どうしても欠点になりますが、断熱性能の高い窓を必要だと思う場所に、必要な数だけに絞って取り付ける。

  14. 2階の大工工事が大詰めです

    丹波篠山市のO様邸では、2階から工事を進めています。大工工事が今週末で終わる予定ですので、来週から仕上げ工事に入り、5月中頃に2階へ引っ越ししてもらいます。樋(一部施工中)、焼き板、熨斗水切りも新しくなり、より一層和風の趣が出てきました。

  15. 断熱工事終わりました

    丹波篠山市のO様邸では、2階のサッシが入り、断熱工事が終わりました。大工さん3人にお世話になっていたので、みるみるうちに進んでいきました。後は天候を見ながら、外部の焼き板貼りか中の窓枠、石膏ボード張りへと移っていきます。

  16. 一度は・・・

    誰もが一度は考えたことがある、離れのお風呂が自宅にある生活。いつでも温泉に来たような、素敵な雰囲気のお風呂です。今回ご縁があり、外壁の傷みを直し、換気扇をつける工事をさせて頂きました。外壁は焼き板の素焼き。

  17. 新しい工事が始まりました

    丹波篠山市のO様邸の工事が着工しました。家族6人、3世代同居のリフォームです。耐震改修、介護リフォーム、2階から着手と色んな要素を含んでいますが、安全第一で工事進めていきます。O様よろしくお願いします。

  18. ストリップ階段

    いつも階段といえば、箱階段。段板と蹴込板がある階段です。T様邸では部屋の広がりを確保するためと、階段の裏側も見えるので、ストリップ階段を提案させて頂きました。

  19. 梁を入れ替えました

    丹波市のT様邸では、2階の2部屋を解体して、その部分は1階の部屋の吹き抜けになります。もともとあった地松の梁の真ん中1本を抜き、両側の2本を杉の梁に入れ替えたことで、開放感が生まれました。

  20. 天井羽目板 ピーラー(米松)

    丹波市T様邸では、新設の窓がすべて入り、耐力壁となる筋交いもすべて施工して、構造用金物も施工できました。内部では天井仕上げが進んでいます。中井工務店では床板を少しでも傷つけないようにするため、天井から仕上げていきます。

ページ上部へ戻る