S’s house story ~まもなく着工~

長い長い役目を終えて4/9から解体されるのを待つS様邸。

S様ご家族のたくさんの思い出があちらにも、こちらにも、、、、

 

そんな事を思いながら写真を撮るのはご本人様でなくとも胸が苦しくなります。

 

 

 

「解体されるのを母も見に来ていいですか?」

「泣いてしまいそうですが、、」

と言っておられました。

4/9からの解体の後、新築のご予定です。

家づくりは感情のない機械が作るのではありません。

うれしい気持ちもあればせつない気持ちもあったり、お客様によって思いはさまざま。

いろいろな思いをできるだけ知ったうえで工事をさせて頂くことは大切なことだとおもいます。

 

中井工務店では、初めての接客から、お打ち合わせ、見積もり、工事中の現場管理から完成後のアフターサービスまですべてを一人の担当者が主となって担います。

他の建築会社さんのように営業は営業マン、設計は設計士、工事管理は現場監督さん、アフターはアフター専門の方が行う様な分業スタイルの会社ではありません。

分業スタイルは、一度に多くの物件を進行できるメリットはありますが、

営業マンさんが聞いたお客様の思いは、まず現場監督さんまで届くことはありません。

打合せ中の何気ない会話のなかにも家づくりのヒントは隠れていますし、お客様の持ち物や服装や車の色なども参考になることがあります。

 

出来るだけたくさんの思いと情報を知った者が現場を管理するのとしないのとでは違いが出ても当然ではないでしょうか。

家づくりは感情を持った人がするからです。

 

当社では、各担当者が打ち合わせからアフターまで担当するため、一度にたくさんの現場を同時進行することができず、長くお待たせしてしまう事も多いのですが、

お客様の思いを最後まで持ち続けながら家づくりを進めることが大切だと考えています。

 

 

 

やぶれた障子や照明から吊るした紐にさえ、たくさんの思い出が詰まっていそうで、、

S様には、これら数枚の写真を見るだけでも、たくさんの思いが蘇って来るのではないでしょうか。

 

中井工務店に託してくださった思いを大切にしながら工事を進めていこうと思います。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る