木材加工中

大工の衣笠さんが、神社の上棟に向けて木材を加工しています。

神社の木材を加工するのは、住宅の木材加工とはまた違った緊張感があるそうです。

木材と木材を繋ぐとき一方の端にほぞと呼ばれる突起をつくりますが、今回はその枘(ほぞ)を入れる枘穴の加工をしていました。

少しでも狂うと入らなくなってしまうので、何度も何度も確認をして、いつも以上にかなり神経を使って作業していました。

できることが増えて、よりいっそう頼もしい大工さんになりますね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る