NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

タイトルの「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」・・・??

何のことかと言いますと、ニコンのカメラレンズです。

僕の父親もカメラをやっていまして、この出目金レンズを譲り受けました。(ありがたい)

14mmという超広角のレンズ、F値も2.8と明るく、フレアやゴーストもおきにくく、、、

と、難しい話はさておき、逆光にも強く、すごく広い範囲の写真が撮れるレンズってことです。

洗面所やトイレなどを写真に撮るときにもう少し下がらないと全体が映らない!なんてことがありますが、そんな時には広角レンズが役に立ちます。

(↑そこまで広角で撮った写真ではありませんが、、)

 

このレンズで、先日お引渡しをさせて頂いた「コンパクトだから高性能な家」の完成写真を取ってきました。

完成してから約一ヶ月間、見学会場として使わせて頂いておりました。

庭作りのイベントもさせて頂き、当社の建物と庭をセットで設計するスタイルも随分とご理解頂ける様になった感があります。

お施主様と一緒に植栽工事をした時はまだまだ小さな蕾でしたが、この1ヶ月でここまで緑になりました。

植栽越しに見る建物は一際素晴らしく見えます。

このお家でも、緑があるのとないのとでは、全く見栄えは違いました、改めて植物達の力を感じます。

もちろん見た目を良くするためだけに植栽をしている訳ではありません、夏涼しく冬暖かく暮らして頂く仕組み作りに役に立ってますし、四季を楽しむ暮らし方を知ってもらいたい思いもあります。

せっかく四季のある国で生活していて、「四季を楽しまないともったいない!」と思うわけです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る