解体工事

三田市のお寺新築工事の現場では、解体工事が始まりました。

 

0.25サイズの油圧ショベルを使って、手際良く作業が進んでいきます。

 

合掌造りの屋根かと思いきや、母屋のある小屋組でしたので、

重機をアームの長いものに変える必要が出てきました。

この辺の判断は事前には分かりにくい、難しい部分でした。

 

ではまた来週。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る