昔のやり方で

丹波市S様邸での一枚。

玄関腰板の上に取り付ける笠木ですが、

笠木と幕板を別々に頼んで取り付けることがほとんどです。

 

ただ、ここでは昔の大工さんのやり方と同じように、一枚の板から加工して頂きました。

「既存の腰板の横に新しい腰板がくるのでこうするで~」と、棟梁の一言でやり方が決まりました。

まず谷のところで鋸をいれて、両サイドからその鋸目に向かって削ります。

最後は鉋で削り微調整。

 

「いや~おもしろかったな」と満足げな棟梁。

 

大工さんの方からアイデアをもらい、

現場に取り入れていけるのもリノベーションの面白いところです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る