N’s house story ~完成~

上棟の日、「デカンショ祭りには新居のテラスでビールを呑みながら花火を見たいです。」 と言っておられたNさま。

無事、お引渡し完了いたしました。

DSC_0224

完成写真UPです。

 

玄関ホール

DSC_0290-001

 

リビングダイニング

DSC_0276

床はパイン無垢板、壁は塗り壁です。

一部、ご主人様に塗り壁体験していただきました。

DSC_0272

台所の天井は一段下げて杉板を貼っています。

その下げた部分には間接照明をしこみました。

 

和モダンな空間に内障子がよく似合います。

DSC_0245

DSC_0260

DSC_0249

この内障子、2枚の引き込み障子なんですが、縦と横の桟の厚みをすべて揃えることで、閉めた時に1枚の大きな障子に見えるようにしています。

DSC_0256

レースカーテンとはまた違ったとてもやさしい光が入ります。

 

DSC_0387

DSC_0240

 

和室には背もたれと手元に灯りをつけました。

和室でくつろぎながら読書を楽しんでもらう仕掛けです。

DSC_0352

 

建具の引手部分にはウォールナットという濃い茶色の木を使ってアクセントとしています。

引手部分は後々、どうしても手垢で黒ずんでくる所なので、それなら初めから濃い色の材料で作ろう。と言う主旨もあります。

部屋の入り口の扉、、

DSC_0384

収納棚の扉にも、、

DSC_0408

クローゼットの折れ戸にも、、

DSC_0306

どの部屋の建具もウォールナットの引手にすることで、建物全体の統一感がでています。

二階の子供部屋のドアも、、

DSC_0548

シンプルだけれど、木の素材感もしっかりあってオシャレです。

 

ダイニングテーブルは 「新築の記念ですので是非 徳島君に作っていただきたいのですが」と、ご主人様のご要望にお答えして、

担当の徳島大工に作ってもらいました。

天板はタモ

脚はウォールナットで、建具の引手と材料を合わせています。

お店に売ってあるテーブルにもいい物がありますが、

自分の家を建てた棟梁が作ったダイニングテーブルもとても素敵です。

作り手の顔がわかる、シンプルで世界に一つのテーブルです。

DSC_0425

DSC_0391

この込み栓を打っているあたりが[大工の作る家具]っぽくって個人的には気に入っています。

DSC_0389

 

食器棚や玄関収納も大工さんに作ってもらっています。

DSC_0630

庭には植栽が入り外観もとてもよくなり、マジックアワーに写真撮ってきました。

DSC_0555

DSC_0452

DSC_0461

DSC_0437

DSC_0436

DSC_0438

 

その他写真は施工事例にUPしますのでご覧ください。

N様、ありがとうございました、これからもよろしくお願いいたします。 近藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る