M’ house story ~天井高さ~

現在新築中のM様邸。

天井ボードが張り終わり、天井高さを抑えた落ち着きのある空間ができあがりつつあります。。

M様邸では、施主様のご理解もあり、天井高さをグッと下げさせていただきました。

 

大手メーカーが天井高、2m72㎝!とCMしていますように、天井高さは高いほうが開放感があり良い空間だというイメージが一般的にはあるようです。

もちろん天井の高いリビングも素敵だと思います。が、天井の低い空間もとても素敵なんだということを知っていただきたいです。

天井が高いだけでは、よく言えば解放的、悪く言えば落ち付けない空間になりがちです。

 

こじんまりした空間が、なんだか妙に安心できたり、妙に落ち着く、という経験はありませんか?

家は、家族が安心して、ゆっくりリラックスしてくつろげる空間であるべきだと思います。

 

高い天井のメリットとして開放的であることに対して、低い天井にもたくさんのメリットがあります。

その一つが暖房効率の良さです。

家の中の空気の容積を控えれる分冷暖房の効きが早くなります。

 

また、部屋の縦横比が横長になることで、横への広がり(奥行)を感じます。

 

天井高さが低いと2階までの距離が近くなります。

吹き抜けを通して2階とのつながりをより強めることが出来たり、階段を緩くかけたり、一段少なく2階へ上れたりします。

 

建物の外観へも影響してきます。

とても大きな建物は別として、建物の高さが高いと変に間延びしたヒョロッとした建物になりがちです。

高さを下げる事で地に足ついたどっしりとした建物になります。

景観的にも、背の高い偉そうな建物より、どこか謙虚で腰の低い建物の方が風景や地域にもなじみやすく、かわいらしさもあり、良くないですか?

 

もちろん低い天井高に圧迫感を感じさせないように色々と工夫しながら設計している部分もあります。

仕上がりが楽しみです。(お施主様ブログを書いて頂いています。→お施主様ブログへ

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る