接遇研修

今日、社長と柳谷と3人で神戸まで研修に行ってきました。

講師は元日本航空国際線客室乗務員、後、JAL(株)で乗務員接遇インストラクターをされていた、横山桂子先生でした。

さすがJALですね、先生の立ち振る舞いにはとても感動しました。

自分のスピーチを一人づつビデオに撮ってもらい、皆さんに見てもらい、気付きを頂くと言う、とてもお恥ずかしい思いもしながらも、客観的に自分を見直す良い経験ができました。

人の印象は初めて会った瞬間、3秒から7秒の間の声のトーンや身だしなみ、清潔感、表情、目線、立ち振る舞いで90パーセント決まってしまうそうです。

その映像を見ながら一人一人アドバイスを頂きました、僕の場合は

「お客様に会う前にウイスキーを飲みなさい」

でした。

勿論、実際に飲むわけではありませんが、この『ウイスキー』のキーワードが僕にとっての大きな収穫でした。

たくさんの収穫はありましたが、一度に実践する事は難しいのでとりあえず一か月間、何か一つ実践して下さいと言われました。

僕は今日教わった事の一つの、挨拶の時にカカトを揃えます。

言葉にするとすごく簡単な事です、でもよほど意識しないととても難しい事です。

お打ち合わせの時にはその辺りもチェックして見て頂けたらと思います。

いくら豊富な専門知識があってもそれを相手に伝える接遇力と表現力がなければその知識はないに等しいですよと言っておられました。お客様にその知識をすーっと受け入れて頂くには、接遇力を磨いて信頼関係を作る事がとても大事ですね。

なるほど、、、。

image

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る