お寺も建てます。

現在、当社の作業場では浄土寺新築工事の刻み作業が進んでいます。

 

 

「刻み作業」とは建物の長さに合わせて墨付けの終わった柱や梁や土台にホゾを付けたり組み合わさる部分を大工さんが手加工することです。

 

 

この作業は住宅なら「プレカット」と言って工場で機械が加工することが多いのですが、

お寺の様な複雑な仕口や特殊は部材は機械では加工できません。

 

 

大工さんが一本一本、手加工します。

 

世の中、大工さんはたくさんいますが、

お寺を一軒まるごと、墨付けて、刻める大工さんは、

なかなかいません。

 

この日は梁の加工をされてました。

梁と言っても、住宅で使う様な梁とはケタ違いの大きさです。

 

 

当社の大工が二人で刻みます。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る