N’s reform story

現在進行中のN様邸のリフォーム工事は、古民家の大規模リフォームです。

着工前。

長年住まれておらず、老朽も進んでおりますが、30代の若夫婦のためのモダンな建物に生まれ変わらせます。

古民家の改修工事は当社のお得意工事の一つです!

 

解体中の様子です。

天井裏にたまったススで大工さんは真っ黒になっていました。

 

解体が終われば、土間の防湿コンクリートの準備にかかります。

 

昔の家には基礎がなく柱が石の上に乗せてあるだけです、それが柱の腐食の原因であり、耐震性にも問題ありです。

 

 

前面に防湿シートをして、ワイヤーメッシュを敷き詰め、コンクリートで覆います。

 

腐食した柱が多く、ほぼ新しい柱に入れ替えました。

どうしても抜くことができない大切な柱は足元だけ新しい柱と繋いでいます。

 

上の黒い部分が古い柱、下の白い部分が新しい柱です。

木造住宅の伝統的継手の一つで「金輪継ぎ」といいます。

 

 

現在は、外壁も綺麗に張り終わり、内部の造作工事が進んでいます。

 

先日、ユニットバスも無事入りました。

今の時点でも見違えるほど良くなっています。仕上がりが楽しみです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る