N’s house story ~外部工事~

昨年末に上棟しましたN様邸。

現在は建物の外部工事が進んでいます。

防水シートの上に外壁の下地材が打たれています。

この下地材、よく見ると穴が開いているのがわかりますか?

外壁の内側を空気が流れる構造になっています。

家の土台部分から空気が昇って屋根の上から抜ける仕組みになっています。

こうすることで壁の中や、小屋裏に湿気が溜まって壁の中で結露したり柱や梁が腐ってしまう事を防いでいます。

建物にとってはとても大切な空気の通り道です。

 

結露の防止でもう一つ大切な事が金物に付く結露の防止です。

現在の建物はたくさんの金物を止付けることが義務付けられています。

その金物が外部と内部を貫通する部分では冬場金物が冷やされて部屋の中で結露してしまいます。

結露と言いましてもポタポタと水が滴るほど結露します。

 

それを防止しているのがこちら、、

膨れたお餅のようですが、これは金物をスプレー式のウレタン断熱で覆い包んでいます。

完成してしまえば見えなくなってしまう部分ですが、家を長持ちさせるためには大切な工程のひとつです。

外壁は黒のガルバリウムで仕上げます、カッコよくなりそうです!

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る