H’s house story ~大工工事完了~

今年もあと一か月を切りました。

ありがたい事にこの時期は毎年のように忙しくさせて頂いております。

今年は特に消費税の影響もあり例年以上のあわただしさ!!

たくさんの方から新築工事のご依頼もお聞きしておりますが、お打ち合わせなど長くお待たせしてしまってご迷惑おかけしております。

順次進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

ただ今進行中の現場、H様邸新築工事では、大工工事がほぼ完了となりました。

低く抑えた天井高さのおかげでとても落ち着いた室内です。

設計段階で窓の位置と大きさはいつも悩ましい部分です。

むやみに窓を付けるのではなく建物周りの情報(景色や光や風や隣家の窓など)をできるだけたくさん集めた上で窓の位置決めをしています。

写真の窓も何も意味なくそこについている訳ではなく、この位置とこの大きさに決めたのには色んな意図があります。

設計当時のこちらの意図と、実際に建っていく建物がピッタリかみ合った時はニヤッとしてしまいます。

 

建築用語で、大工さんなどが家を作る時の仕上げ方や材料と材料の繋げ方の事を「納まり」といいますが、

H様邸の納まりは、とても難しい部分が多く、パソコンで詳細図面を書くのも苦労しましたが、その細かい図面を読み取って実際に加工した大工さんはもっと苦労されたはずです。

H様邸は、たくさんの職人さんが1手間も2手間もかけてくれています、手間の数だけ良い建物に仕上がってきました。

 

 

 

 

大工工事が終わると次は左官屋さんに部屋の壁を塗ってもらいます。

調湿性に優れた塗り壁材、こちらの仕上がりも楽しみです。

 

来年には完成見学会を予定しております。

中井工務店の職人達の手間の数々を是非見て頂きたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る