N’s house story ~植栽工事~

現在新築中のN様邸、完成まであと少しです。

建物内は造作洗面台の塗装の色を思案中。

ペンキ屋さんに何色かサンプル塗装の依頼をかけているところです。

外構工事は植栽が入りました。

植栽が入る事で、建物の見栄えはグンと良くなります。

植栽はとても大切にしている事の一つです。

必ず、初回プランの段階から植栽の位置を決めて、庭と繋がる間取りと、各部屋の窓からの植栽の見え方、ライトアップの照明計画まで考えます。

植栽越しに見える外観をイメージして間取りを決めますし、完成後の完成写真もどの位置から撮ろうかまで考えてプランニングします。

当社の提案する植栽とは、昔ながらの日本庭園の様な管理も難しく、四季の変化の少ない庭ではありません。

日本庭園風の庭のイメージは捨てて下さい。

楽しい暮らしの一部の様な、毎日の食事の時間に子供の口から庭の木の話が出てくる様な、そんな豊かな生活には欠かせない植栽達をご提案しています。

最近では、豊かな暮らしへの意識の高いお客様も増えて、植栽に対する考え方に共感して頂ける事が多くなりました。

そんなお客様に少しでも植栽達に愛着を持って育てて頂けるように、日々試行錯誤して色々なアイデアを絞り出しています。

例えば、このN様邸では来年から幼稚園の年長さんになるお子さんが中心になって芝生張りイベントを行いました。

下準備までは造園屋さんがしてくれてますので、はじめての方でも比較的簡単に芝張りができます。

自分で張った芝生なので、お世話する時の気持ちも違ってくるのではないかと思います。

終始はりきりモードの坊ちゃんでした(笑)

芝張りの後は、坊ちゃんに花を植えてもらって、庭木の名前を造園屋さんに教えてもらいました。

覚えたてのひらがなを一生懸命書いていたので、ハチャメチャだった書き順も全く気にはなりません。

 

 

自分が親しみやすければ、時には名前なんてどうでもいいのかもしれません。(ヤツデです)

 

 

 

一つ位、点が多くてもいいんです!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る