黒石住吉神社~桔木、登裏甲~

黒石神社では屋根の工事が進んでいます。

破風板の上に登裏甲(のぼりうらごう)が取り付いていました。

10㎝程の板を小口面を向けて破風板の形に合わせてのせています。

登裏甲と軒付の間にベニヤ板をかませて、金属屋根が差し込めるようにしてありました。

 

それから垂木を大きく跳ねだすために、桔木(はねぎ)にボルトで緊結しています。

 

今日は2つ名前を覚えました(^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る