離れの改修工事

丹波市で築30年の離れの改修工事が進んでいます。

3人の娘さんの寝室とご夫婦の寝室があった離れをご主人の書斎(リビング)、夫婦寝室、トレーニングルームへと改修します。

叔父さんが大工さんで、離れを新築するときに一緒に木材を運んだり、束石(川の石)を運んだり、夫婦で作業を手伝っていたことを話してくださいました。

娘さんはお父さんの部屋から流れてくるクラシック音楽を聞きながら、受験勉強されていたそうです。

 

家にはたくさんの思い出が詰まっていて、その思いが強いほど、

解体が終わった時の何とも言えない寂しい空気が家全体を包み込んでいるような気がします。

私はその現場で静かにこれからの工事のことを考えていると、

「あとは頼んだぞ」と言われているような気がして、

これからの工事が本当に楽しみになるのです。

今週は基礎の補強工事をして、来週から大工さんにお世話になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新ブログ記事

お客様の声

IEMORI

Tポイント提携店

リフォームローン金利0円

ニューズレター 最新号

Facebook

Instagram

古民家再生

古民家再生事業の動画が丹波篠山ビデオ大賞グランプリ部門に入選しました。

ページ上部へ戻る