足場が取れました。

現在新築工事中のS様邸。

屋根と外壁の工事も終わり、太陽光パネルも設置完了したので、足場が外れました!

 

外壁に採用されたのは焼き杉。

やっぱりいいですよね!焼き杉!味があると言いますか、本物で作る家はカッコいいです。

焼杉は、他の外壁材に比べ、耐久性が高く、デザイン性も良し、廃盤になることがないというのが大きな魅力。

しかも安く施工できるので、最近採用率の高い外壁材です。

この焼き杉は中本造林の塗装Nブラック。

厚みが15mmもあり、更に長持ちする外壁材となっています。

杉の窓枠との相性もバッチリでした。

 

現在は内部で床張りの工事が進んでいます。

採用されたのはチークの床材。

チークには油分が多く含まれていて、水にも強く、耐久性があり、腐りにくいのが特徴。

独特の濃い木目で落ち着いた雰囲気に仕上がります。

 

設計事務所さんの設計だけあって、納まりが難しい部分も多いのですが、綺麗に難なく納めてくれています。

 

天井は杉板張りの勾配天井。

外部の軒天とは壁ではなく透明ガラスで仕切られており、内と外の杉板がうまく繋がって見えます。

 

まだまだ難しい施工がつづきますが、完成が楽しみです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る