茅葺き屋根

篠山市には古い城下町の姿が残った「丹波篠山伝統的建築物群保存地区」という、何とも難しいネーミングの地区があります。

略して「伝建地区」と言っていますが、篠山城周辺や河原町・福住などがその地区に当たります。

この地区で家を建てたり、改造工事をする場合は、篠山の伝統的な街並みを残していくために建物にルールや仕様が決められています。

 

その伝建地区の中の「旧武家町」と呼ばれている、茅葺き屋根と塀に囲まれた街並みが続く地区で、門と塀の修繕工事をさせて頂いています。

下の写真は工事前の門の様子です。

朽ちてしまった茅を全て降ろして新しく葺き替えます。

柱などの構造はまだまだ大丈夫そうでしたので、そのまま再使用します。

茅葺き職人の水戸さんです。

茅の葺き替え風景も珍しいようで、観光客の方は足を止めて眺めていかれます。

特殊な道具を上手く使って手際よく作業を進められて、綺麗に茅葺き屋根が復旧しました。

 

つづいて、門につながる今にも倒れてきそうな塀の修繕工事に入ります。

 

明日から塀の解体予定です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る