芝生のお手入れ

暑い日が続きますね、、皆様、熱中症には気を付けて下さい。

夏本番、わが家の芝生は綺麗にはえそろいました。

週に一度は芝刈りをしますが、1週間で2センチは伸びていて、芝刈り機に刈りカスが何度も一杯になります。

刈り残しのない様、縦横斜めに芝刈り機を走らせると約20分のウォーキングになり丁度良い運動になります。

刈り高さは25mmです。例年は15mmで刈り揃えるのですが、芝生にテントで寝た時に15mmでは朝、腰が痛くなるので今年は25mmにしてみました。

おかげで、先日の庭キャンプでは、フカフカの布団で寝た気分に。。。

 

庭に芝生を張られている方は、この時期、芝生の成長が盛んになり、お手入れの仕方に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

この時期のお手入れで大切な事は「水やり」と「芝刈り」です。

芝生生活にハマると他にも色々やる事はあるのですが、とりあえず、この二つのお世話を頑張って下さい。

まずは「芝刈り」

芝生は頻繁に刈られるほど、密度が濃くなり綺麗な芝生になります。

密度が濃くなると雑草も生えにくくなります。

長く伸びてから一度に短く刈ってしまうと、「軸刈り」と言って芝生の成長点まで切れてしまい、弱ってしまいます。

そう言う意味でもこまめに、少しずつ刈るようにして下さい。

今の時期なら最低1週間に1度です。

週に一回、有酸素運動のつもりで頑張ってみて下さい。

 

続いて「水やり」

水やりの頻度は天候や芝を張って初の夏かにもよりますが、初めての夏を向かえる場合は、まだあまり根が深く張れていませんので、水やりの頻度は上げないといけません。

最近の様な暑さが続く様でしたら、2日か3日に一度は水やりをお願いします。

朝の水やりの方がオススメです、夜の水やりは蒸れてしまい、カビや病気の原因になる事も少なくありません。(日中のカンカン照りの時に水やりは絶対にダメです、朝出来なかったら夕方涼しくなってからにしてください)

芝の葉がくるんと丸まって尖り出したら水を欲しがっているサインです。

ササッとホースでかけるだけでは表面しか濡れていません、土の奥まで染み込む様にタップリとお願いします。

綺麗に手入れされた芝生を見ると気持ちがいいです!

とりあえず、この2つのお世話を頑張ってみて下さい‼︎

綺麗な芝生で夏を楽しみましょう!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る