照明

プランの際にとてもとても悩みどころな照明計画。

照明ひとつでせっかくお洒落なお部屋も台無しに、、なんてことになりかねません。

日々の暮らしの中で人の行為は多種多様。

食事のシーンがあり、集いのシーンがあり、読書や勉強のシーンもあり、夜中に映画を見ることも。。。

そんないろんなシーンを大きなシーリングライトひとつでまとめて照らしてしまうのはあまりにも雑。

とりあえずダウンライトをポンポンと並べるのも無計画すぎますよね。

 

部屋全体が明るければそれでいいのではなく、必要な所に必要な明るさがあればよいと思います。

たくさんある照明器具の中でもよく採用するのが天井ではなく壁につけるブラケット照明です。

照明の高さを壁まで下げる事で落ち着いた雰囲気が演出できます。

 

上の照明は先日お引渡しを終えたお宅のブラケット照明。

コロンとかわいらしい丸い形が白熱電球を思わせますが、LED照明です。

ソケット部分は陶器でできており、こだわりを感じます。

洗面所にも同じ照明を。

 

トイレにも、、、

 

玄関にも同じ照明を採用いただきました。

 

建具や、家具の材質を家全体で揃えて統一感や繋がりを出すのはよくある手法ですが、

照明器具もそろえると更にいいですね。

 

かわいい照明って箱までかわいい。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る