洞光寺 紅葉 冬支度

日曜日に篠山市にある洞光寺に紅葉を見に行ってきました。

ちょうど見頃の時期で、偶然当社のお客様にもお出会いしました。

葉が枯れ落ちる直前にこんなに粋な演出をしてくれる落葉樹たち。

本当に綺麗でした。

 

我が家の庭も着実に冬支度が始まっています。

紅葉する木と言えば、モミジが有名ですが、なかでもハウチワカエデの紅葉はとても綺麗です。

日の当たり具合によって変化する、黄色からオレンジのグラデーションがハウチワカエデの魅力です。

我が家に植えているのは、葉の小ぶりなコハウチワカエデです。

落ち葉を並べるだけで絵になります。

 

その他、ブルーベリーなんかも紅葉は綺麗です。

食べて美味しいだけでなく、花も可愛いし、真っ赤な紅葉も楽しめるブルーベリーです。

皆、それぞれに冬支度をしています。

 

邪魔者扱いされがちな庭木の落ち葉も、考え方を変えて家族イベントの一つに使ってしまいましょう!

我が家では、せっせと落ち葉を集めて、毎年恒例になった「焼き芋パーティー」に使います。

落ち葉拾いも少しは楽しくなるかもしれません。

 

ここで、芝生の管理の仕方を一つご紹介。

夏はどんどん成長していた芝生も少し茶色くなってきた頃。

これまでやってきた、水遣りや芝刈りはこれからの時期どうすれば??

と思われているオーナー様も多いのではないでしょうか。

[冬の芝生管理]と検索するとたくさん出てきますが、我が家では、

先日、今年最後の芝刈りを終えました、夏は15ミリ位に刈っていましたが、最終的には30ミリくらいまで伸ばして冬越しさせています。

芝生の根は冬の間も生きているので、寒さから守る様に毛布を掛けてやるイメージです。

水やりは、ほとんどしていません。

冬の間も、よほど雨が降らない日が続く場合はした方が良いのかもしれませんが、僕はしてません。

ほったらかしです。。。

冬の芝生管理でやっている事を強いて言えば、芝生は茶色くなる事で、緑の雑草が良く目立つ様になるので、気にならない程度に抜いているくらいです。

芝生のお世話もひと段落、また来年綺麗な庭を楽しめる様に頑張りましょう!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る