木製ガラリ戸

H様邸に米ヒバのガラリ戸が入りました。

 

ガラリ戸は、外部からの視線や夏場の直射日光を遮りながら、同時に通風も図れます。

縦框横框が室内から見えないように大きさを工夫し、横格子だけが見えるようにしています。

 

 

幅が1m60cmあり重量もありますので、木製戸袋も大工さんで造作し、

框を板金で巻くなど腐りにくいようにもしています。

 

 

外観にもなじみ、すっきり納まりました。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る