新築工事でもできること

丹波市市島町の現場では、和室の造作工事が進んでいます。

新築工事ですので、すべて新しい材料で作るのが通常ですが、

建て替え前の建物に使われていた材料を一部再利用することもできます。

以前は玄関の式台をキッチンカウンターに、

和室の無垢の床板を室内の郵便受けに利用したこともありました。

 

今回は彫刻欄間と仏壇框を再利用しています。

ここまで立派な彫刻欄間は珍しい。近江八景という名前で、彫刻の細かさに驚きます。

完成が楽しみです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る