天井羽目板 ピーラー(米松)

丹波市T様邸では、新設の窓がすべて入り、

耐力壁となる筋交いもすべて施工して、構造用金物も施工できました。

内部では天井仕上げが進んでいます。

中井工務店では床板を少しでも傷つけないようにするため、天井から仕上げていきます。

壁の石膏ボードも天井下から張り初め、床上50㎝ほどを残してから床板を張り、

最後に壁の下部分の石膏ボードを施工します。

 

リビング(ご主人様の趣味部屋)の天井には、柾目と赤身の仕上げにしたいという要望からピーラーの羽目板を使っています。

柾目の板が天井面に張られている様子はとても優美な感じがします。

ご主人様にも気に入ってもらえそうです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新ブログ記事

お客様の声

IEMORI

Tポイント提携店

リフォームローン金利0円

ニューズレター 最新号

Facebook

Instagram

古民家再生

古民家再生事業の動画が丹波篠山ビデオ大賞グランプリ部門に入選しました。

ページ上部へ戻る