古民家再生プロジェクト 大学生と巡る地域コミュニティと建物

こんにちは(^o^)丿

本日は古民家再生プロジェクトの一環で

神戸の神戸芸術工科大学の環境デザイン学科の学生さんが30名ほどバスで来られました。

ほぼ完成の状態になった古民家と篠山のこの草山地域のコミュニティと建物の歴史や役割のお勉強です。

古民家再生プロジェクトのお仲間の住倶楽部のメンバー、商工会さま、地域おこし協力隊の青年も同行です。

DSC_0474

まずは古民家にてこの建物の歴史や地域の歴史、コミュニティ、地域の行事などのお話をご近所の細見さんにして頂きました。

昔のことから現在の地域の現状までよく知っておられます。

DSC_0477

そして、歩いて近くの松隣寺まで。

草山が誇るイケメン住職の高辻住職に建物のことや、お寺で行われる行事についてお話しいただきました。

DSC_0484

このお寺は当社が10年前に建て替え新築工事をさせて頂いたお寺です。

続いて、さらに歩いて歩いて…春日神社へ

DSC_0485

この後も小学校や周辺を巡っています。

神戸の都会から来た若者の目にはこの田舎と地域コミュニティがどう映ったのでしょう。

田舎もいいものだな、と思ってくれれば田舎者の私としては嬉しいですが、ね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る