介護の為の住宅改修について。

こんにちわ☆
以前行なった篠山市内のグループホーム新築工事の完成写真をホームページに追加しました。
介護施設『グループホーム篠山』新築工事完成写真 
ここは紀洋会様が建てられました篠山市西新町にあるグループホームですが、介護住宅同様、バリアフリー仕様で手すり等もついておりますので介護リフォームの参考にもどうぞ。
当社は介護改修も得意として何軒かさせて頂いています。先日も介護の為の住宅改修のご相談がありましたが、介護保険で最大18万円助成される制度があるのは皆さんよくご存知ですが、兵庫県では今『人生80年いきいき住宅助成事業』というものをおこなっています。
この事業内容は以下の通りです。
【事業の概要】
人生80年いきいき住宅助成事業には、次の4つのタイプがあります。
【住宅改造・一般型】
60歳以上の高齢者または障害者手帳などをお持ちの方と同居している世帯で、いま住んでいる家を基礎的なバリアフリー化したい場合。
対象世帯
●高齢者(60歳以上)または身体障害者らと同居している世帯
 ・生計中心者が給与収入のみの者で給与収入金額が、800万円以下の世帯
 ・生計中心者が給与収入のみ以外の者で所得金額が、600万円以下の世帯
●高齢者円滑入居賃貸住宅の登録を受ける既存民間賃貸住宅の所有者
●高齢者世帯又は障害者世帯を受け入れることとして登録されたあんしん賃貸住宅の所有者
対象事業
高齢者・身体障害者らに配慮した既存住宅の改造
補助要件
3カ所以上の改造(必須工事の実施が必要です。個所ごとに限度額があります)
助成対象限度額
100万円/世帯(助成率 1/3)
【住宅改造・特別型】
 介護保険の要介護・要支援の認定を受けた方または障害者手帳などをお持ちの方が、自宅で自立して生活できるように身体の状態に適した改造をしたい場合。
対象世帯
●介護保険制度の要介護(支援)認定を受けた被保険者のいる世帯、または身体障害者らと同居している世帯
 ・生計中心者が給与収入のみの者で給与収入金額が、800万円以下の世帯
 ・生計中心者が給与収入のみ以外の者で所得金額が、600万円以下の世帯
(生計中心者の所得税額が7万円を超える世帯は一般型の対象になります)
対象事業
身体状況に応じた既存住宅の改造
補助要件
住まいの改良相談員の承認(個所ごとに限度額があります)
助成対象限度額
介護保険制度などの住宅改修費とあわせて100万円/世帯
(助成率は、収入などにより決まります)
 
【増改築型】
住宅改造・一般型や住宅改造・特別型で自宅をバリアフリー化改造する際に、増築や改築が必要になる場合。
対象世帯
一般型もしくは特別型の住宅改造の助成を受ける人、または一般型もしくは特別型の住宅改造の助成を受けることができる世帯と同居しようとしている世帯
対象事業
高齢者・身体障害者らに配慮した既存住宅の改造で増改築を伴うもの
補助要件
住まいの改良相談員の承認
浴室・洗面所、便所、高齢者のための寝室およびそれらを結ぶ経路について、住宅改造・一般型の必須工事の内容を備えた住宅に改造
助成対象限度額
150万円/世帯(助成率 1/3)
【共同住宅(分譲)共用型】
分譲マンションの共用部分を高齢者や障害者をはじめだれもが住みやすくなるように、出入口の段差解消など基礎的なバリアフリー化をしたい場合。
対象者
分譲共同住宅の管理組合
対象事業
21戸以上の既存の分譲共同住宅の共用部分のバリアフリー化工事
(21戸以上で平成14年10月1日以降に建築されたものおよび51戸以上で平成5年10月1日以降に建築されたものは、助成の対象になりません)
補助要件
福祉のまちづくり条例整備基準に適合する工事(必須工事の実施を含めます)
助成対象限度額
100万円/棟(助成率 1/3)
となっております。
介護改修をお考えの方は是非㈱中井工務店にご相談くださいね(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る