今年も国交省 地域型住宅ブランド化事業 に採択されています!

こんにちわ(^O^)/
夏の暑さに負けたのか、会社のわたし用のパソコンが昨日いきなり『シューン』と音をたてて真っ暗になったきり電源が入らなくなってしまいました。
今は応急処置的に何とか基本作業はできるようにしてもらっていますが、大事なデータが入ったソフトがほぼ使えないので、今日はお盆休み前の事務所掃除をしております。
さてさて、昨年度始まった『地域型住宅ブランド化事業』。
昨年度は丹波篠山の家として、折り込みチラシや見学会などのイベントもさせて頂き、ご興味のある方にたくさん来ていただきました。そして、昨年度新築住宅として当社が建築した住宅のうち5棟以上が国交省の採択したブランド化事業のモデルの『丹波篠山の家』として完成いたしました。お客様には地域・気候風土に合った耐久性・耐震性に優れた家を長期優良住宅ならではの優遇税制や助成を受けて提供することができました。
このたび、平成25年度のこの事業にも応募し、今回も㈱中井工務店も参加する『丹波篠山に優良住宅を創る会』が採択されました。これによって今年度もお客様により良い住宅をご提供することができます。
…と言われても、よほどのご興味がない限り少しわかりにくいかもしれません(^_^;)
そこで、今年度の採択を受けた『丹波篠山に優良住宅を創る会』でわかりやすい説明会を兼ねたイベントを予定しております。
現在の予定では平成25年9月8日(日)に行います。
まだ準備段階ですので、予定が変更になることもございます。
詳しく決定次第このブログ及び㈱中井工務店ホームページでもお知らせいたしますので、ご確認よろしくお願いします。
また、あちこちで言われておりますが、9月は消費税増税前に住宅を建築しようと思っている方には一つの節目となる時期です。
なぜなら、来年26年4月1日が消費税増税施工日とされています(確定ではありませんが)が、注文住宅は商品ではありませんので、今日言って今日買えるものではなく、契約から完成までは時間が掛かります。
例えば、10月に契約し建て始めて3月31日までに完成し、支払終われば現行の消費税率ですが、10月に契約し建て始めて4月以降に完成し、代金を支払う場合は消費税増税後の税率がかけられた代金となります。
そのための特別経過措置として、今年9月30日までに契約書を交わした住宅については来年4月以降の完成・お引き渡しになっても現行の消費税率でよいことになっています。
ですので、その点をお考えの方の場合は9月が一つの節目となるわけです。
もちろん住宅は人生の最大といっていいほど大きな買い物です。
売る側がこんなこと言っていていいのかわかりませんが、焦って急いで何でもいいから安いときに!っていうものではないと思います。
この先何十年、子供が成長したとき、定年して退職したとき、親が年老いたとき、そういうライフスタイルも考えながらじっくりと検討して自分の予算に合う自分たち家族の納得できる家づくりにしてもらいたいと思います。
その一つとして、『丹波篠山に優良住宅を創る会』の家を。
そして、当社㈱中井工務店をよろしくお願いいたします(^O^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る