インパチェンスの成長。

こんにちわ(^o^)丿
5月のゴールデンウィークに植えた『インパチェンス』の花。
CA3H09060001_20130626111009.jpg
植えた直後
CA3H09430001_20130626111011.jpg
約一ヶ月後
CA3H10030001.jpg
今朝、約二カ月後
こういう比較する写真載せる時は、角度合わせないといけないんですよね、すみません。
土が見えないくらいに成長しました。
でも、インパチェンスは夏の暑さの直射日光に弱いので、パラソルで影を作ったりしながらも弱ったり、また雨で元気になったりです。
あまりに徒長すると切り戻しっていう、まだ咲いてる花の部分を茎から切って、下の方から出てきている若い芽を育たせて上げると、秋口からまた元気に花を咲かせるそうです。が、素人にはなかなか勇気がいってできないですね(^_^;)でももう少ししたら、切り戻しをして、切った花を挿し芽といって水に浸けておくと新しく根が出てくるようなのでうまくいけば、また増やす事が出来るし、花の元気さを保つためにも良い事なのでやってみようと思っています。
端の方の最も直射日光が当たってしまう場所にはトレニアとブルーサルビアを植えています。
こちらもとても育てやすくてかわいらしい花です。
仕事上、雨はツライですが、植物にとってはとても大切な自然の恵みです。
今日の雨で花がイキイキしているように見えます(^o^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る