新しくなった法務局に行って来ました。

 こんにちわ(^^)
今日は朝一番で丹波市柏原の法務局に行って来ました。そう篠山市の法務局の支局は閉鎖され10月からは柏原支局と合併されたのです。その統合された法務局には神戸地方検察庁柏原支部も入り「柏原法務総合庁舎」として丹波市柏原町柏原に新しい建物で出来ているのです。
 
なので篠山市民・篠山に会社があるものとしては少し不便になってしまいました。
と、愚痴ばかり言っていられないのでちゃんと仕事をしに一路柏原へ。
前に税務署に来た時に工事をしていたので税務署のまん前にあるんだなぁと行ってみたら何だかまだ工事中!?ここじゃなかったのかな!?と思っていたら建物はちゃんと完成し皆さん中では働いておられました。聞けばこの“新しい庁舎の前の320平方メートルだけは市有地のままで、同市が来年2月をめどに日本庭園風の公園を整備する”のだそうで現在工事中だったようです。
さてさて法務局ってなに??とお思いの方もおられるでしょうが普通に生活していてなかなか足を運ぶ機会も無いところだと思います。なので私も正直詳しくは分からないのですが…(苦笑)今回私が法務局に行った理由は会社の登記簿謄本と印鑑証明を取りにいくためです。会社(法人)を作ると法務局で法人として登記し、これで法律上、会社(法人)として認められるわけです。また不動産(土地や建物)もこの法務局で所有者や床面積や抵当権などを登録して登記してあるので、土地や建物を扱う私たちのような会社には関わりのある役所なのです。
個人が市役所などに戸籍などの情報を登録して、必要時に戸籍謄本などをとるように、会社は法務局に登録して法務局で登記簿謄本をとる。という感じでしょうか(…あってるのかな(^^;))その他にも色々な業務があるようですが、私はそれくらいでしか法務局に行ったことがありませんので…あしからず。
この新庁舎の法務局は2階でした、1階が検察庁柏原支部になっているようです。検察庁と言えば私には木村拓哉主演で流行ったドラマ『ヒーロー』のイメージしかありません(笑)ドラマみたいに刑事事件を検察官と事務次官が起訴・不起訴って行なってるんやろか…などと考えつつ篠山に帰ってきました。本社から法務局まで約40分やっぱりちょっと不便だけれど、今日はまた一ついろんな事が知れました(^^)
           画像 001
           画像 003
写真は内容とは一切関係ないですが(笑)本社から見える秋の景色です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る