家造り基礎講座

補助金・助成金情報

『長期優良住宅のススメ』

当社は国土交通省の補助事業『地域型住宅ブランド化事業』に4年連続で採択されている『丹波篠山に優良住宅を創る会』加盟店です。

これにより会が提案する地域型住宅、丹波篠山らしい住宅を建築希望の際に補助金を受け取れる制度があります。

これは全国の中小工務店向けの国の事業であり、大手ハウスメーカーにはない補助金制度です。

“丹波篠山に優良住宅を創る会の提案する丹波篠山らしい住宅”とは…

・高い耐震性      

従来の長期優良住宅より高耐震の家
全棟、地盤調査の実施と保証

・地域資源の活用と篠山らしさ

兵庫県産材の使用と丹波篠山産材の積極的利用

丹波焼きの照明や手洗い鉢

建物デザインのルール設定

・丹波篠山の工務店グループによる完成保証      ysama04

・構造・完成見学会の実施

・従来の長期優良住宅のメリット

※丹波篠山市外でも適用可です。

※年度・条件によって異なります。
補助金を受けられる住宅の棟数に限りがありますので、ご希望の方はお気軽にご相談下さいませ。

 

他にもある、丹波篠山市内で利用できる助成金制度のご紹介

*丹波篠山市住宅リフォーム助成(丹波篠山市農都創造部商業観光課)

市内産業の活性化と雇用創出、また市民の生活環境の向上を図るため、市民の皆様が、市内の施工業者を利用して自宅の修繕や補修工事(住宅リフォーム工事)を行う場合に、その経費の一部を助成する「住宅リフォーム助成事業」を実施します。

さらに、市内で伐採された木材(以下、篠山市産材といいます)の活用と流通促進を図るため、住宅リフォーム工事で篠山市産材を使用する場合に、その仕入額の一部を助成します。

募集期間や条件についてはこちら(商工観光課)を必ずご確認ください。

 

*丹波篠山市若者定住支援住宅補助金

年度・条件によって異なります。こちら(創造都市課)を必ずご確認ください。

若者定住支援住宅補助金のチラシ(pdf)

◇対象者(共通)

・丹波篠山市に定住する意思のある方。

・申請者が施主であること。

・交付申請時(事業完了時)に40歳以下で配偶者がいる方、または中学生以下の扶養親族がいる方。

・新築工事の場合は1,000万円、改修工事または住宅購入(土地を除く)の場合100万円以上の事業を実施する方。

・市税を完納している方。


 

●『定住促進重点地区型』 丹波篠山市内指定重点地区への定住を目的とした助成。                             

必要な条件

・畑、日置、後川、雲部、福住、村雲、大芋、西紀北地区内で住宅の新築・改修・または購入する方

 


 

●『市内工務店利用型』市内産業の活性化や伝統技法の継承を目的とした助成。

必要な条件

・市内工務店(市内に主たる事業所がある工務店)を利用して住宅の新築または改修をする方。

 


 

●『三世代同居型』 家族の絆を深め、介護・子育て支援、若者定住を目的とした助成。

必要な条件

・市内で三世代同居(親、子及び孫の全員またはその一部の者が住民票を異動して市内に転入または転居し、親、子及び

孫が同居または近居(同一自治会内で居住)する)を目的に住宅の新築・改修または購入をする者で、三世代同居を始めた日から3年を経過していない方。

 

 

必ず工事着工前・購入前の申請が条件となっておりますので、こちらを必ずご確認ください。

 


空き家活用・空き家バンクなど

*丹波篠山市空き家バンク活用住宅改修補助金

年度・条件により異なります。こちらを必ずご確認ください。

助成対象となる方

・市の空き家バンクで紹介している空き家(戸建)を、購入もしくは賃貸して、自己の住居また
は住居兼事業所として活用するために改修(※1)すること
・申請者は空き家バンク利用登録者(※2)で、空き家の買主または借主(契約者)であること
・申請者は改修工事の施主であること
・工事着工前に市の創造都市課へ申請すること(着工は認定決定後)
・申請者に市税の滞納がないこと
・申請者は事業終了までに、改修した物件に定住意思を持って居住し、
市内に住民登録を有していること
※1.住宅の機能回復・向上のために、改修・修繕・模様替え又は設備改
善を行うこと
※2.丹波篠山暮らし案内所にて、空き家バンクの物件の利用希望を登録した者

*空き家活用支援事業補助金

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ページ上部へ戻る