,

三田市大川瀬 観音寺 新築工事

 

5/18 客殿


5/18 本堂

5/16 本堂

5/13 本堂

5/11 屋根

5/10 本堂



5/9 格天井
設計士細見のブログで詳しく説明しております。ブログはこちら


5/7 客殿

4/28 客殿 廻り縁

4/26 客殿

4/22 客殿


4/21 客殿

4/20 屋根


4/20 本堂



4/19 本堂

4/18 本堂

4/18 客殿


4/16 本堂

4/15 本堂

4/14 屋根

4/14 客殿

4/14 本堂

4/12 客殿

4/11 本堂


4/8


4/7

4/6

4/4

4/2

 

4/1


3/30


木摺り下地を用い、漆喰を塗っていきます。
木摺りは、幅30mm程度の板を上下5mm間隔で水平に打ちつけていきます。

3/29


3/28

3/27 上棟式

3/25 客殿木工事


3/24

3/22 本堂:屋根野地・ルーフィング敷き
本堂屋根仕舞いについては設計士細見のブログをどうぞ。


3/18

3/17
 
 
3/16

3/15



3/14



3/11

 

3/10


3/9

3/8 向拝(こうはい)については設計士細見のブログをどうぞ。

3/7

3/4
桔木(はねぎ)を入れます。
通常は垂木で軒先を支えますが、お寺のように深い屋根の場合は重過ぎて垂れてしまうので、桔木を入れ天秤のように軒先を支えます。

3/3
 
3/2

3/1

2/28

2/26


2/25

2/22.23
 
2/21 向拝柱と木鼻について、設計士細見のブログをご覧ください。

木鼻:獅子(左)と獏(右)                             手挟み(たばさみ)
 
 
2/17


2/15

2/14

2/11


2/10
 

2/8 木材搬入

2/5

 

2/1
 
1/29    屋根

1/28

1/24 柱・小屋桁搬入

1/22 客殿 土台伏せ

2022.1/18

木鼻:柱を支える頭貫などの水平材が柱から突き出した部分のこと。
元々は柱を貫通させ直接加工していましたが、江戸時代以降、木鼻は装飾部位としての意味合いが強くなり、
複雑な彫刻や大型化していき、職人としての技が競われる部位になったそうです。
木鼻には獅子や象、麒麟、獏などがあるそうです。

12/22


12/17

12/11 本堂基礎

12/7


12/3 基礎工事のコンクリート打設・レベルポイント

レベラー
 
12/2

11/27

11/26 ベースコンクリート

11/24 本堂基礎工事 鉄筋出来方

11/17

11/16

11/10 本堂基礎:墨出し

11/4

10/29

10/27

10/22

10/18

10/14
 
10/8

10/7

10/4

10/2

9/24
 
9/21
 

9/19

 
 
9/14
客殿の基礎工事が始まりました。


 

9/14
 




手刻みの様子を撮影していただきました。

 

 
擁壁の型枠工事と浄化槽の掘削工事
 
 


 


 
 
 
 
 


 
 
解体工事が始まりました。


 


こちらが台持ち継ぎで完成した1本目の梁丸太です。

 
梁丸太の加工で墨付けをしていきます。
 
倉庫の壁面を使って、原寸図を書きます。
原寸図とは実際につくる建物と同じ寸法を図面にしたものです。
 
三田市大川瀬の観音寺様の新築工事が始まりました。
事務所にて木材検査を行いました。丸柱、地棟、繋梁、丸桁(ガギョウと呼びます)、野桁などを役員さんに見ていただきました。

他の施工中も見てみる

  1. 丹波篠山市 T様邸 新築工事

    丹波篠山の街並みになじむできる限りシンプルな家 「丹波篠山の家」補助金を使用

  2. 丹波篠山市 古民家修繕工事

    古民家の壁と天井の修繕工事

  3. 丹波篠山市 弘誓寺 鐘楼新築工事

    丹波篠山市の弘誓寺様の鐘楼新築工事の様子です。

ページ上部へ戻る