三田市大川瀬 観音寺 新築工事

 

三田市大川瀬の観音寺様の新築工事が始まりました。
事務所にて木材検査を行いました。丸柱、地棟、繋梁、丸桁(ガギョウと呼びます)、野桁などを役員さんに見ていただきました。


倉庫の壁面を使って、原寸図を書きます。
原寸図とは実際につくる建物と同じ寸法を図面にしたものです。

基準墨を打って、まずは向拝(ごうはい)から。向拝(ごうはい)のてりを玉鎖で確かめている様子です。
カテナリー曲線と言うそうで、この落ちの寸法を決める所が設計の腕の見せどころだそうです。

梁丸太の加工で墨付けをしていきます。

梁間が芯々8865mmあり、地棟の場所で梁丸太2本を台持ち継ぎという継手でつなぎ合わせます。
この梁丸太には垂木掛けや束の加工も必要で、とても根気のいる作業です。


こちらが台持ち継ぎで完成した1本目の梁丸太です。



解体工事が始まりました。



基礎工事が始まりました。

刻みの作業も進んでいます。

擁壁の型枠工事と浄化槽の掘削工事


コンクリート打設の準備をしています。


客殿の基礎工事が始まりました。




基礎工事のコンクリート打設・レベルポイントです。

レベラーをしています。

本社作業場での刻み加工です。










現地では、本堂基礎工事のすみ出しを行っています。









本堂の基礎工事:ベースコンクリート










現場には足場ができ始めました。


客殿土台伏せ


木鼻:柱を支える頭貫などの水平材が柱から突き出した部分のこと。
元々は柱を貫通させ直接加工していましたが、江戸時代以降、木鼻は装飾部位としての意味合いが強くなり、
複雑な彫刻や大型化していき、職人としての技が競われる部位になったそうです。
木鼻には獅子や象、麒麟、獏などがあるそうです。


上棟を行いました。




屋根工事始まりました。







本堂の上棟を行いました。



1日でここまで進みました。
















桔木(はねぎ)を入れます。
通常は垂木で軒先を支えますが、お寺のように深い屋根の場合は重過ぎて垂れてしまうので、桔木を入れ天秤のように軒先を支えます。






他の神社仏閣も見てみる

  1. 丹波篠山市今田町 黒石住吉神社様 本殿改修工事

    社務所に引き続き、丹波篠山市の黒石住吉神社様の本殿の改築工事をさせていただいております。

  2. 三木市吉川町 若宮神社

    三木市吉川町の若宮神社様の改修工事です。

  3. 丹波篠山市 弘誓寺 鐘楼新築工事

    丹波篠山市の弘誓寺様の鐘楼新築工事の様子です。

  4. 丹波篠山市 浄念寺様 改修工事

    丹波篠山市浄念寺様の改修工事

  5. 丹波篠山市 住吉神社様 修理工事 

    伝統的建造物群保存地区  住吉神社様 土蔵修理工事

  6. 丹波篠山市今田町 黒石住吉神社様 長床改築工事

    篠山市今田町の黒石住吉神社の長床改築工事が始まりました。 今回の長床の新築工事完成後、遷宮されて本殿の新築を施工させていただきます。

ページ上部へ戻る