,

浄土寺様 伽藍復興工事

平成28年 夏 地鎮祭

dsc_0692

擁壁工事開始

dsc_0710

dsc_0696

平成28年 秋 擁壁工事完了

1476763647538

 平成28年 冬 作業場に木材が搬入される

1481509596497

1481526630699

平成28年 年末 檀家様 建築委員様による木材検査完了

1481522111746

平成29年1月 作業場にて原寸作業が始まる

1483771484668

原寸図とは実物(実際に建てる建物)と同じ大きさで書いた図面のことです。

1483771491611

この原寸図をもとにそれに合わせ実際に墨付けをして木材を刻むのです。

お寺は屋根の反りや曲りなど一般の住宅では用いない形、技法が使われるので

部材や大きさ形など細部まで調整するための大事な工程なのです。

完成予定図

1483771499806

どんどん立派な「木」運び込まれ

「木材」になっていきます

   

浄土寺 きざみ加工 ブログ

海老虹梁が出来上がってきました。

高低差のある柱の間に海老のような形にかかる梁なので海老虹梁と言うそうです。

平成29年3月22日

基礎工事開始しました。

   

 

 

 

4月21日  基礎工事 完成しました

 5月15日 本社作業場でのきざみ加工作業が終了しました

平成29年6月

彫刻部材の完成

きざみ加工後の木材を現場に運び出しています。

現場で土台伏せ作業始まりました。

6月12日より上棟作業始まりました

 6月17日 素屋根をかけました。

素屋根とは屋根が出来るまでの仮の屋根のことです。

これで雨の日でも作業ができます。

化粧垂木の取り付け

小口の割れ止めを塗っています。その後に白塗装をします。

桔木(はねぎ)を40本上げています。

桔木とは長く突き出した軒先を支えるために軒裏に用いる丸太材です。

平安時代に発明された工法で、桁を支点にしてテコの原理で軒先をはねあげることから『桔木(はねぎ)』と呼ばれるそうです。

最終的には屋根に隠れて見えなくなります。お寺の工事にはこのような伝統的工法がいくつも見られます。

7月5日 上棟式をおこないました。

住職様、建築委員様、檀家の皆様方今後ともよろしくお願い申し上げます。

8月  瓦葺き工事が始まっています。

瓦下地の瓦桟(かわらさん)施工

通常は横に桟を打つだけですが、今回は縦横に桟を打っています。

これにより瓦のがたつきが無く風に強くなります。

さらに瓦はすべて釘で全数止めて耐久性能を上げています。

大工は構造壁の外部を木ずり施工しています。

木ずりとは塗り壁の下地として少しずつ間隔をあけて取り付けた小幅の板の事です。

これも最近では珍しい工法(施工が誰でも簡単で強いとされる製品が出るため)ですが

やはり板と釘と手間の数だけより強固になる伝統的な工法です。

本堂 折り上げ格天井を施工しています。

折り上げ格天井とはこの様な天井です。

格子状になる木材にワックスを塗って下処理をしています。

ワックスはエゴマ油と国産蜜ロウから作った自然塗料のものを使っています。

ワックス加工することによって仕上がりの色にムラが無く均一に綺麗に仕上がります。

また大工作業中の手垢や汗などによる汚れを防止して保護する役割りもあります。

ワックスを塗ると木目がより綺麗に浮かび上がりました。

現場で天井が出来上がってきています。

平成29年9月29日 素屋根(仮囲い屋根)解体しました。

木材をばらしてレッカーで下していきます。

高さ10mはある、高所作業でも職人は平気で淡々と仕事を進めていきます。

夕方には素屋根がすべてとれました。

他の施工中も見てみる

  1. U様邸新築工事(篠山市)

    篠山市内で新築工事をしています。

  2. K様邸リフォーム工事(篠山市)

    篠山市内で水回りを中心としたリフォーム工事をしています。

  3. U様邸リフォーム工事(大阪府豊能郡)

    大阪府豊能郡でリフォーム工事中です。

  4. O様邸リフォーム工事(篠山市)

    篠山市内でリフォーム工事中です。

  5. K様邸鉄骨倉庫新築工事(丹波市)

    丹波市で古い木造倉庫から鉄骨の新築倉庫への建て替えが完成しました。

  6. S様邸新築工事(篠山市)

    篠山市内で新築工事をしています。

ページ上部へ戻る