中井工務店 社長コラム


ニューズレター -中井工務店通信- に掲載中の社長コラムをこちらにまとめていきます。
ちょっと真面目な話になりますが、中井工務店らしさが感じられる部分かと思いますので、中井工務店ってどんなところかな?という方はぜひご覧になってくださいね。

第1回

昨年までは私の実の妹である事務員の中井がニューズレターを担当しておりましたが今年からは私と広報担当の松田がニューズレターを皆様にお届けいたしますので前担当者同様可愛がっていただければ幸いです。今月号より私も少しスペースをいただいてニューズレターに私の思いを伝えさせていただければと思います。

少し硬いお話にはなりますが私は中井工務店をすべての人が幸せで「安心・安全で健康な住宅」を提供できる会社にしたいと思います。「すべての人」・・・とはお客様はもちろんですが中井工務店の従業員、協力業者そして地域の人々をさしています。「安心・安全で健康な住宅」・・・とは新築、リフォームを問わず建物の良さを最大限に引き出しお客様の大切な住宅を地震などの災害から守り住み続けることで心も体も健康になる住宅を目指しています。上記を実現するために特に下記の3つの事項を考えていきます。

1.会社の安定的な成長に努めます。
人の人生が80年・住宅が100年を目指す現在において一時的な利益の確保ではお客様の大切な住宅を守ることはできません。また、従業員や協力業者にも還元することはできません。当社では目先の利益にとらわれず適切な価格でお客様に建物を提供し、いただいた利益を会社の安定的な成長に使用し地域社会にも還元していきます。
2.日々技術の研鑽と勉強に努めます。
3.技術の継承、特に大工の育成に努め若者が憧れる職業になるようにPRしていきます。

スペースが少なくなりましたので2.3のご説明は次号以降に掲載いたします。
今後とも中井工務店をよろしくお願いいたします。

第2回

今回も社長コラムお付き合いいただきありがとうございます。
前回は私が仕事において考えている3つの事項のうち「会社の安定的な成長」についてお話ししました。今回は「日々の技術の研鑽と勉強」についてお話をします。建築業界は常々新しい技術と材料、そしてデザインが生み出されています。また、それに対応するための建築基準法や建設業法など法律も日々変わっていきます。

当社では設計の担当者はもちろん、社員大工にも2級建築士以上の資格を取らせています。(合格するまで頑張ってもらっています。)資格取得のための学校への学費補助や通学のための勤務時間の変更にも対応しています。昔から大工は腕一本で勝負していましたし、ハウスメーカーの設計は責任者が有資格者で、実務担当は無資格ということも多々ありますが、「安心・安全な住まい」の実現には担当する設計士と大工がともに正確な知識を持つことが大事だと私は思っています。

 その他、技術的な勉強以外にも例えば最近の建物のトレンドや接客マナーの講習会・セミナーなどへ私だけでなく従業員にも積極的に参加させています。(大工職の社員は苦手そうですが…)

私は大学を卒業してからハウスメーカーで5年間現場監督をしていましたが、ハウスメーカーでは従業員や職人にも接客マナーをお金と時間をかけて教育をしていて、大変勉強になりました。当社では限られた時間と予算内での教育となってしまいますが一歩ずつ続けていきたいと思います。(なかなかうまくいきませんが…(笑))

今回もお付き合いいただきありがとうございました。
次回は「中井工務店の大工の育成」についてお話しいたします。

第3回

今回は「中井工務店の大工の育成」についてお話しいたします。

皆さんはよくテレビや新聞・雑誌で「住宅の販売戸数」という言葉を聞きませんか?私は先代の社長に「家は売り物ではない、建物や。だから販売戸数ではなく建築戸数や」と教えられてきました。ハウスメーカーのように工場でほとんど組み立てられる家は感覚として車やテレビに近いのかもしれません。

また会社として営業が重要なため販売とよばれるのでしょう。(確かに営業も重要です。私が一番身に染みています。)でも私は家づくりで一番大切なのは実際に家を建てる職人だと思っています。その中でも「棟梁」と呼ばれる大工が家づくりでは非常に重要な役割を果たします。
お客様の家づくりに一番長く関わり、中心となって他の職種の管理監督をするのは大工です。

そんな大事な大工ですがほとんどの工務店は外注(自社の社員ではない)に頼っています。それでは大工の技術は人任せになってしまい、昨今の新しい技術にも対応することができません。

ですから当社では大工を社員として雇用又は専属化したり、月一回の会議の中で勉強会を開いたり外部のセミナーや大工技能士の試験、建築士の試験にも会社から補助を出しています。

また、大工という職業は小学校で将来なりたい職業を聞くと必ず上位に来ますが高校、大学ではランク外になることも珍しくありません。
3Kという職業、休みが少ない、給料が安定しない等の理由で若者の入職者が少なくなってきています。

その点でも当社では社員として雇うことで労働基準法に定めた休日を確保し、給料は月給制にして安定性を確保しています。
また、他業種では当たり前ですがこの業界ではなかなか定着しない厚生年金や社会保険にも対応しています。
大工がいなくなれば社寺仏閣・古民家の工事はもちろん普通の住宅の修繕などもできなくなります。

私は大工としては十分な修行はできませんでしたが経営者として1人でも若い人が職人や建築に携わる仕事にあこがれを持ってくれるように頑張りたいと思っていす。

 
ページ上部へ戻る