バス停再生プロジェクト

バス停再生プロジェクトとは?

中井工務店が所属する若手工務店の会「住倶楽部」では、産学連携事業として古民家再生事業などの社会的に有意義な活動も行っております。

今回は、当社の最寄りのバス停を建て直すワークショップを行いました。

活動団体としては、住倶楽部 x 神戸芸術工科大学 x ドイツのJade大学 です。

当社最寄りのバス停を再生するというワークショップを行うことで、建築関連の現場の技術を学生が実際に学んだり、日本の優秀な大工の技術を海外にも学んでもらおうという意図です。

ドイツの学生からバス停のプレゼンテーション

ドイツの学生からバス停のプレゼンテーションがありました。

s_1st-prize s_2nd-prize

s_hm1 s_hm2

単なるバス停だというのに、これだけのアイディアが生まれるのは驚きでした。

優秀賞も決まり、神戸芸工大とドイツの学生が実際にここ篠山の地に集まりバス停を建築していきます。

バス停の建築@篠山

学生達は古民家再生プロジェクトで再生した古民家に宿泊し、夏の暑い気候の中ワークショップを行っていきます。

座禅の体験や丹波焼の陶芸体験など、ここでしかできない貴重な体験も行ってもらいました。

s_dsc02176 s_dsc02226

s_dsc02243 0606

バス停の完成!

そして、ついにバス停が完成しました。

0806

当社、社長ブログもご覧ください。

⇒ 未来の技術者たちへ

詳しいワークショップの様子は住倶楽部のホームページに掲載されています。

⇒ 住倶楽部のホームページへ

ページ上部へ戻る