N’s house story

先週の台風で篠山市では大変多くの雨漏り被害が出ております。

連日雨漏り調査や修繕に追われておりますが、順次進めておりますので、被害にあわれた方、もうしばらくお待ちください。

明日はまた台風が近づいております、大きな被害のないことを祈ります。

 

そんな中、新しい現場が動き始めています。

お父様所有の田んぼだった土地を造成して新築させて頂きます。

ただ今、擁壁工事中です。

 

 

11月基礎着工予定で進めてまいります。

 

そのN様邸を少しご紹介します。

土地はご実家の北側にある田んぼを譲り受けられました、南側に大きなご実家の倉庫と蔵があり、冬の貴重な日差しをリビングにどう届けるかというところから設計が始まりました。

 

北側には篠山の素晴らしい田園風景が広がっています。

 

しかし、比較的交通量の多いバイパスが北側にあります。

忙しなく走る車を視界から外しつつ、篠山の山並みや四季の移り変わりを楽しみながらくつろいでいただける、そんな設計になっています。

低く緩やかな片流れ屋根が長く伸びて、篠山の風景と緩やかにつながっている、そんなN様邸。

最小限の子供部屋のみ2階に持ち上げた、ほぼ平屋の建物です。

写真は、初回プレゼンの時に描いたパースです。

「パソコンで描いたパースとは違い、独特の雰囲気が気に入っています」とお客様に言って頂けるようになりました。

先日訪問したお客様は、リビングに手書きパースを額に入れて飾って頂いており、とてもありがたく思いました。

 

僕が大切にしたいと思っている、温かい雰囲気だとか、ひと手間かける良さだとか、植栽の柔らかな枝ぶりだとか、そういうものはコンピューターには書けないので手描きしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る