若いパワー、丹波篠山からも。

こんにちわ(^o^)丿
スポーツ大好きな私は、この一週間夜中の3時に一番盛り上がっています。
やりましたねー羽生君!最初の転倒にどうなるかドキドキしましたけど持ち直しましたね。
すごい精神力と今までの努力のたまものですね。
町田さんも高橋さんも入賞で、日本お見事!でした(^o^)
ハーフパイプのメダリスト平野くん、平岡くん、ノルディックの渡部さん。
若い力が世界でどんどん発揮されていて感動しますね。
オリンピックだけではありません。
丹波立杭焼で知られる篠山市今田町の窯元。
その中で30代から50代の次世代の陶芸家と呼ばれる6人の方が、
丹波焼で新たな挑戦をしたい…
と、丹波焼で洋食器のジャンルに挑戦されています。
その名も「Tanba Style」。
3月29日30日にグランフロント大阪で大々的に陶器と料理やお酒のセミナーやパーティーをされるそうです。
そのプレイベントという形で現在大阪茶屋町のNU(ヌ―)茶屋町で茶屋町画廊展覧会「丹波Style『陶』六人展」を開催されています。
先日の2月13日から始まり2月18日(火)まで。
詳しくは丹波styleホームページで。
参加されている窯元さんは
壺市  市野元祥
雅峰窯 市野秀之
悟窯  市野哲次
丹水窯 田中聡
陶勝窯 市野勝磯
丹文窯 大西雅文
の6名。
当社は地域ブランド化事業、長期優良住宅「丹波篠山の家」の建築にあたり丹波篠山らしい地域ブランド性を出すため、陶勝窯の市野勝磯さんに丹波焼のランプシェードをお願いしました。
      立杭焼1
CA3H14090001_2014021509574259b.jpg
丹波篠山から新たな挑戦が成功しますように。
日曜日大阪へ行く用事があるので、時間があれば見てこようかなと思っています♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る