終わりました

こんにちは!

 

当社のスタッフブログでご存じの方がほとんどだと思いますが

9月1日~9月9日まで、私の母校である神戸芸術工科大学と

教授である川北先生と懇意にされているドイツのJADE大学が連携したセルフビルドWSが行われました

といっても私の今回の役職は「料理班」

WSでどんなことが行われていたのかは、わたしよりも社長や事務の香織さんの方が知っているので

わたしは、9日間のドイツ人学生との共同生活の感想を少し書こうと思います

 

 

そもそも私は、周りの友達が引いてしまうほど英語ができません

そんな私に「ドイツの学生と一緒に買い物に行ってご飯をつくってください」と無茶振りをする社長、、、

 

9日間、どう乗り切ろうかと悩んでいたのですが、やっぱり人間て順応します。いつしか相槌が「Yes」や「Un-hun」になるんです

必然的に英語を話す時間が多くなるため、日本人学生や社長に対しても「Yes!」と返事をしてしまいます

 

 

そんなこんなで超短期留学みたいな生活をしていた柳谷は

ほんの少しですが英語で会話できるようになり、ドイツの建築学生と好きな建築や自分の学生時代の作品を説明できるぐらいにレベルアップしました!(翻訳機を使ってですが)

 

きっと私の英語力を知っている人が聞いたら驚くことでしょう

料理班という役職だったため、あまりWSに参加することはできませんでしたが

お互いに助け合ったり、好きな音楽を教えあったり、どんな建築に興味があるのか教えてもらったり

国が違っても共感できることはたくさんあるんだな~と実感しました

本当にドイツの学生さんは真面目で優しい人たちでした

 

もう会えないかもしれませんが今はFacebookやinstagramでつながることができるのでお別れは寂しくありません!(寂しいけど!!)

 

 

今回のWSはたくさんの方のお力添えをいただき無事終えることができました

本当にありがとうございました。そしてみなさま、本当に本当におつかれさまでした!

 

 

image

はじめて本郷に降り立った時のみなさんです

ちなみに真ん中のスカーフを巻いた女性は大学時代の先輩。通訳として参加してくれました。

 

image

談笑する日本人学生とドイツ人学生

 

image

最後は職人のようになっていたドイツ人学生さんと前社長です。

 

image

 

image

See you later!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る