篠山ABCマラソン完走しました~!!

こんにちわ(^O^)
昨日は第31回篠山ABCマラソンに出場してきました☆
待ちに待った!?この日がついにきてしまいました。常に単独でしか練習しない私の心の師と仰いでいる金哲彦さんの書を読み漁り初フルマラソンの心得を熟読し、練習・食事・メンタルと書いてあるままに実行し、それなりに順調に仕上がり当日を迎えました。
今回は完走が目標。とは言え篠山ABCマラソンはのろまの初マラソンにはなかなか厳しい関門と制限時間があるので1キロ6分30秒くらいで最後までイーブンペースで行く作戦でした。
ハーフまでの大会は5分30秒から5分45秒くらいで走っているので少し余裕を持って完走を確実にするペースです。
とは言え最初にスタートロスがあるので最初の10キロまではキロ6分ペースで行き帳尻合わせ(^O^)この10キロまでの間に家の近くを通ったので知り合いが沢山沿道で声援をくれ、かなり元気をもらいました!!
14キロ地点には母と娘が待っていてくれ、給水&塩飴補給(*^_^*)
そこからまた色んな知りあいの顔を見つけては手を振って走る♪こんなに知りあいが沿道にいるマラソンに出たのは初めてだったのでテンションがかなり上がりましたー☆
母校産業高校前では恒例の吹奏楽演奏と野球部やサッカー部の男の子のハイタッチ☆この吹奏楽聞きながら走るのを練習で走りながらイメージしてたので『わー今ホントに現実に走ってるんやー』と思ったら大感激でした。
篠山鳳鳴高校を過ぎてからは少し坂道が続きますがこの一年間もう何度もこのコースを練習していたので淡々とマイペースで!またお友達が手を振って応援してくれチョコをくれたのでパワー注入!!応援って本当にありがたいです(*^^)v
その後は黙々と走り続け30キロ地点で父と母と娘が待っていてくれると言っていたのでそれを励みに頑張りました。いつもの30キロ練習では28キロくらいから少し歩いてしまったりペースが大幅に落ちたりしてしまうのですが昨日は大会当日のテンション、沿道の温かい声援、同じゴールを目指す1万人の同士がいたので全く歩きたい気持にもならず30キロ地点までたどり着けました!!
また家族にパワーをもらい、次はいよいよゴールへ向かうのみ!!関門はあと一つ!!
36キロの最終関門を制限時間の20分くらい前に通過したら『もう後はちょっと歩いてもゴールできるー』と安心してしまい歩きと走りを交互に繰り返しながら前へと進みました。歩いてみると脚の筋肉が思っていた以上に張っていて膝も痛い事に気づきました。やっぱり36キロまでの距離は走れたというよりみんなに走らせてもらっていたんだなぁと実感。
最後2キロは何とか走ってゴールしたい!!とまた走りだし段々と建物も出現しいよいよゴールなんやー!!と思っていたら、また友達がいてくれて『帰ってこれたやーん』と嬉しそうに言ってくれて涙がでそうでした。
そしてゴール目前にまた家族が待っていてくれていて最後の力を振り絞ってペースアップ!!
あれ!?こんなに早く走れるやーん。歩かんともっとがんばれよ自分(笑)
と思いつつも感動のゴーーーール!!!!
かつみさゆりさんにハイタッチしてもらい(さゆりちゃん超細い・超可愛い)その先に完走メダルをかけてくれようとする高校生!?中学生!?が見えた時
『あー夢にまで見たあのメダルがついに私の首にかかるんやぁー』
と思ったらポロポロ涙が出てきて、かけてもらう時には号泣で学生さんちょっとひいてたかも(笑)
それからしばらくこれまでのこと思い出して、もう一回わんわん泣いてたら後ろから知り合いの方に声をかけて頂き、恥ずかしいので涙をぬぐいました(*^_^*)
タイムはグロスで4時間45分、ネットで4時間41分でした。
人に誇れるようなタイムではないけれど、今の私には満足のタイムです。
タイム云々より本当にこの42.195キロは楽しい道のり、楽しい時間でした(^-^)
応援をして下さった全ての方々、大会を運営して下さったスタッフの方々、前日に応援メールをくれた沢山の友達、会社に来た時『頑張って』と言って下さった取引先の皆様、そしてこの一年以上、私の勝手な趣味に家族の大事な時間をたくさん潰してきたのに温かく応援してくれた父、母、娘に言っても言っても言いきれないほどの感謝をしています。
この趣味が続く限りまた迷惑をかけますがよろしくお願い致しますm(__)m
本当にありがとうございました!!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る