社長の退任。長い間お疲れ様でしたm(__)m

先月9月いっぱいで前中井章博社長が社長職を退任されました。
お気づきの方も多いと思いますが、中井前社長は私の父親であります。今日はあえて娘の視点から前社長を父と呼ばせて頂きます(^-^)
《中井工務店と娘の私・前編》中井社長と中井工務店の歴史は私の幼少・青春時代の歴史でもあります。私の記憶のある幼少期、中井家は祖父が大工としても家長としても威厳を持っていました。おはようございます・お風呂に入ります・でました・おやすみなさいも祖父の部屋まで挨拶に行く様な感じでした。父はその頃大きなトラック一台を所持し毎日仕事に出て帰ってから良く一緒に遊んでくれました☆
私が小学校中学年の頃か祖父は体力的に少し衰え大工の仕事より家に居る事が多くなった記憶があります。そして父は大きいトラックが一台入っていた車庫を改造し子供部屋を作ってくれました。新しいトラックの車庫は家の側に大きな作業場と共にできました。その頃から父は夜も作業場で木材にカンナをかけたり墨つけしたりする事が増え、その作業が面白く横で良く見ていました[e:454]
日曜日父親が何処かに連れて行ってくれるといえば、行き先は製材所や材木屋さん又は施工中の現場でした。
女の子の友達がお母さんやお父さんと神戸に買い物に行った[e:343]ご飯食べに行った[e:343]と月曜に聞く度に羨ましい思いにかられていましたが、思えばあの頃、父は今の私と同世代…祖父の弟子という立場から自分の会社を創る立場へ一番の踏ん張り所だった訳です。
小学校高学年になった頃にはもう一人のベテラン大工さんと組んであちこちの現場を走り回っていました。
そして私が小学校6年の時に父は初めて弟子をとりました。宿こそ違えど昔ながらの弟子の文化を引き継ぎご飯・お風呂・洗濯とお弟子さんと我が家で共に過ごしました(昔ながらと言ってもご飯や洗濯は母がしておりましたよ)あの時のお弟子さんは20年間今も変わらず父と一緒に働いてくれています[e:466][e:454]
中学生になった頃、父はワープロを買って来ました(パソコン[e:337]なんて普及しておらずあの頃はワープロが最先端でした 笑)中学でパソコンの授業が始まった時代の私は当時まだ手書きが主流だった見積書をワープロで打つという仕事を与えられ(笑)木材の名前も分からぬまま言われた通りに見積書を打っていました…後編へつづく☆(そんなたいそうなもんとちゃうやんっ 笑)前編読んで頂きありがとうございました[e:814]♪

関連記事

コメント

    • ありん
    • 2008年 10月 10日

    前社長さん、お疲れ様でしたo┐ペコリ
    小学校6年生の頃に初めてのお弟子さんをとったんだ!!
    そう思うと、すごい成長だよね☆
    私の兄も業種は違うけど、同じように頑張ってます♬
    10年20年後が楽しみになってきたわ♡
    これからはゆっくりしてください…と言いたいところだけど、今までずっと働き尽くしの人は休めないだろうね(;´▽`A“

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る