減築リフォーム。

こんにちわ(^^)
この前テレビを見ていたら団塊の世代におススメ『減築リフォーム』っていう特集をやっていました。リフォームっていうとどちらかといえば増築のイメージですが、なぜに減築がおススメなのか!?なんですが…1世帯あたりの人数が昭和35年には平均4.14人だったのに対し平成17年では2.55人になっていてそんなに部屋数がいらなくなっていること。さらに団塊の世代の方へのアンケートによると約8割の方が今の場所に住み続けたいと考えているそうです。さらにさらに過半数の方がリフォームに興味があると答えているのだそうで、よって減築して住み続けようってことらしいです。
…でも別に減築(家を小さくする)必要はあるの!?ということなんですが、これには結構メリットがありまして…まず使い勝手の悪かったところを直すという普通のリフォームと同様の理由の他に
・床面積を減らすことによって行動しやすくなり、バリアフリーにもしやすい
・日当たりがよく、風通しも良くなる
・無駄な部屋や廊下が無くなるので光熱費も下がる
・2階建てを平屋にすると耐震強度が上がる
・床面積が減ることで固定資産税が減る
との理由で団塊の世代のこれからにはぴったり!!ということでした。
このような減築リフォームに助成金が出ることもありますよーってことで、兵庫県も調べてみたのですが耐震補強に対する工事には助成金制度があるようです。しかし、色々要件もありますので一度兵庫県ホームページご覧になってご検討されてみては!?こちらも住宅エコポイントのように平成23年までならさらにお得のようですよ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る