消費税は10%確定か!?

こんにちは(^o^)

いっきに春めいてきました。篠山も暖かいです。

さて、3月3日の国会で安倍総理に対し、消費税増税の質問がありました。

今、景気が上向きでないのにさらに消費税を上げるのか、

政界でも増税先送りまたはストップの声が大きくなっています。

しかし、前回質問があった時も、今回3日の答弁でも安倍総理はこう答えています。

「世界に誇る社会保障を次の世代に引き渡すためのものだ。リーマンショックあるいは大震災級の事態にならなければ予定通り引き上げる」

あくまでも10%増税は決定の方向で進むようです。

住宅業界ではこれまでの増税時と同じく特例経過措置がとられる予定です。

これは住宅は契約から工事、完成、お引渡しまでの期間が長いので6か月前までに契約している建物については

完成が増税施行日後であっても8%のまま据え置くという措置です。

また、住宅は食品や雑貨などと違い建物価格が1千万円、2千万円となれば…と2%の違いでも20万円、40万円となり

損したように感じるため、買い控えによる景気低下を食い止めるためでもあります。

その為の措置として、増税後の購入で給付金がもらえる『すまい給付金』や住宅ローン控除の拡大措置などもあります。

10%への増税が安倍総理の言うとおり施行され、前回同様の措置になる場合は

今年の9月末日までの契約で平成29年4月1日(10%への増税施行予定日)以降のお引渡しでも8%になります。

img03

これから住宅を建てようと考えていらっしゃる方はよく吟味してお考えください。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る