木材屋さん・工場見学その②

こんにちわ☆
昨日の天気予報では恐ろしいくらいに『大寒波』が来ると伝えていましたが、今日の篠山市は嬉しいことに快晴です。ただ…めっちゃめちゃ寒いですけどね(^^;)
さて、昨日の工場見学のお話の続きです☆
原木から状態を見抜き、乾燥による曲がりや反りを見込んで大きめに製材した後、木材乾燥機に入れます。
画像 015
構造材は、米松で16日、杉で約3週間強ほど乾燥させるそうです。乾燥機から出てきた木材をさらに数日間養生させ、その後きれいに『木づくり』していかれます。
画像 006
上の写真のプレーナーという機械でフローリングになる板を木づくりしておられました(…というより、私の為にわざわざ機械を動かしてくれました スミマセン(^^;))
画像 010
ここでも良いもの、あまり良くないものを等級こどに仕分けしておられました。どの工程に携わる社員さんでも木の性質・状態・使い勝手をよく理解されているということですね~。
画像 043
おぎもくさんの広大な敷地内には大きな建物がいくつもあり大きな機械を扱いみなさん一生懸命働いておられました。前に述べたように木の性質・状態などが自分で判断がつくようになるにはマニュアル本などは存在しなく、全ては経験と『木を好きになること』だそうです(^^)だいたい5年はかかるそうです。
最終的に製材された木材を保管してある倉庫は木のいい香りの漂ういい空間でした。
これが中井さんのところの現場にこれから行く木材ですよ♪と聞き、こうやって原木から木材が出来て家が建つんだなぁと実感しました。この工場見学は一般の方にも開放されていますので、ご興味のある方はどうぞご連絡くださいませ♪
この工場見学体験をニューズレターにまた違うお話も織り交ぜて書かせて頂きますのでよろしくお願いします(^^)また住宅の情報・中井工務店がよくわかるニューズレター購読(もちろん無料です)ご希望の方もお気軽にご連絡くださいませ~♪
おぎもく様お忙しいところお邪魔してすみませんでした。ご案内、お話ありがとうございましたm(uu)m

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る