宣伝広告費。

こんにちわ☆
最近のテレビのニュースでは『事業仕分け』の模様が頻繁に流れていますね。私たちの年代だとタレントやキャスターとして馴染みのあった蓮舫議員がバッサバッサと切り捨てていく感じが痛快のようにも映ります。昨日の会議では明るい選挙の為の費用(←適当ですみません…)や裁判員制度の周知徹底の為の費用(←適当ですみません…)などのいわば宣伝広告費が“ムダ”とされ廃止と書かれていました。
ウェブでだって充分宣伝してるじゃないですか…とおっしゃっていた仕分け人の方もおられました。ここはちょっと経理担当の私はうちの会社と置き換えてみて考えながらニュースを見てみました。
パソコンやインターネットの普及により、宣伝は本当にしやすくなりました。今こうやって書いているブログも無料登録しているものだし、当社のホームページも会長、社長、事務員…などで更新していますしし、写真も友人に友情価格でお願いしているのでウェブ上の宣伝広告費はあまりかかっていないです。でもこのホームページというものが結構な仕事をしてくれるもので、ホームページを見て電話しました♪とお声が掛かることもよくあり仕分け人さんのおっしゃるように経費をそんなにかけなくても宣伝できることは沢山あります。しかもインターネットは今まで営業に行った事のない地域やOB様の全くおられない地域の方も見られるので思わぬ地域にお得意様が出来ることもあります☆
あと大きな広告費は先日開催させて頂いた完成見学会などチラシをうったり、ポスティングをしたり…それも今回は社長が必死に走り、デザインソフトでチラシを作り印刷だけ印刷屋さんへという感じで行なっています(^^)
まぁん他にもたくさん宣伝広告費となるものがあるのですが、何もしないということがもちろんいいわけではなく、本当に必要なものを本当に必要なところに『費用対効果』が得られるように私も少しでも考えてやらなきゃなぁと、蓮舫議員の顔を見ながら色々と考えるのでありました(^^)
ちなみに小学三年生の私の娘は『事業仕分け』を…
       【授業によって教える先生が変わること】
(多分頭の中では『授業師分け』と変換され)と思っていたらしいです。
小学生にとっては確かにその方が由々しき問題かもしれません(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る