基礎工事が始まりました

丹波市市島町の現場では地盤改良工事が終わり、今日から基礎工事に着手しました。

基礎の業者さんと設計図を見ながらレベル(敷地全体の高低差)やベンチマークを確認してもらい、

基礎の高さの基準(専門用語では設計GLといいます)を確認しあいます。

 

この高さを決める作業がとても大切です。

といゆうのも、屋外から屋内へ段差は何センチで何段で登れるのかや

雨水排水の最終桝への勾配が適切にとれるか、

車や人のアプローチはどれくらいの長さや勾配になるのかなど、

建物と敷地との関係がすべて決まるからです。

 

お互い任せきりにせず、現場で確認する。

 

11月中旬の上棟に向けて進んでいきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る