城崎マリンワールドに行って来ました♪

 こんにちわ~(^^)
 今年の夏休みは色々と子供会や習い事、学校行事などがありどこかへ行く予定もたてれずにいたのですが、子供が水族館にいきたぁ~いと以前から言っていたので先日ふと思い立って昨日日帰りで城崎のマリンワールドへ行って来ました☆
 最近の燃料高騰もありますし、運転はどうせ私だし‥疲労と駐車場のこと等も考えて今回は電車で行きました。午前9時ごろに篠山を出発した特急電車は約二時間で城崎温泉駅に到着☆
         CIMG1495.jpg
 そこから日和山(城崎マリンワールド)行きの路線バスで10分でマリンワールド到着です☆
         CIMG1498.jpg
  
  入場料は大人2310円だったかな‥結構するんですよね(^^;)クーポンや前売り券などは近くの旅館に泊まるなどで特典として付くことはあっても一般の扱いはほとんどないようですがJAFの会員証の提示で10%オフになるようです(^^)
 館内入ってすぐは普通の水族館のように巨大水槽の周りをぐるぐる回りながら階段を下りていくという順路になっていますが、昨日は日帰り&帰りの電車も決まっているということでアトラクションの時間表を見て先にアトラクション優先で回りました♪
 まずはトドのダイブ。高い高い険しい岩の上まで上手に登り一番高いところから大きな水しぶきを上げてダイブします。五分くらいで終わりますが結構迫力があり面白いです。
         CIMG1500.jpg
 すぐその後に始まるのがお隣のペンギンさんの散歩です。
         CIMG1501.jpg
 このようにお客さんの間をペンギンがヨチヨチと行進します♪これはもうただただかわいいです(^^)
         CIMG1540.jpg
 そして定番のイルカ・アシカショー☆城崎マリンワールドではいつもショーがシナリオ仕立てになっていて今回は“オリンピック”がテーマでした。飼育員のお姉さんお兄さんたちもキャスト(演者)になり、音や炎などを使った色々な演出もあり楽しめます☆
         CIMG1509.jpg
 音や映像を駆使したアトラクションといえば館内で楽しめる“ダイブ”や“ドルフィンタンク”があります。ダイブアドベンチャーというアトラクションは体験した人ならわかると思うんですが『すんごいもの作ったな!!!』という迫力と神秘のおもしろアトラクションです。この施設は日本で数多くのデパートやブランドショップ、博物館、レストランなどの企画・設計・施工・内装などを手がけている『株式会社 乃村工藝社』さんが企画・設計した施設で2007年度の日本ディスプレイ大賞にて大賞の経済産業大臣賞を受賞されている施設です。見る価値アリです。
          1197881699453_1197879799271_image3.jpg
      ダイブアドベンチャー
          CIMG1547.jpg
       ドルフィンタンク     
 あとは館内をゆっくり見たりご飯を食べたり、釣堀でアジ釣りをしたり(別料金1竿630円)、船で少し離れた自称『竜宮城』まで行ったり(別料金大人760円子供350円‥くらいだったかなぁ!?)と日帰り旅行を充分満喫いたしました(^^) 
 最後は私の城崎マリンワールド1のお気に入り♪セイウチのデンくんとグリちゃんの水槽の前でひたすらボーっと癒されていました(笑)  
           CIMG1529.jpg
 この1トンの巨大なセイウチ君人間慣れしているようでず~っと見ていたら懐いて(!?)くれたのか私の動く方へ寄って来て水槽の硝子越しに熱い視線を投げかけてくれました(笑)
           CIMG1565.jpg
     
           CIMG1562.jpg
           CIMG1556.jpg
  巨大生物・巨大建物大好きの私。涼しい秋になったら次は姫路セントラルパークにアメリカバイソン見学だなぁ(^^)

関連記事

コメント

    • ありん
    • 2008年 7月 28日

    長女が1歳の時に行ったことあるけど、イルカショーには興味を示さず( ̄~ ̄;)   
    ペンギンは追いかけようとしてたわ=3=3=3
    また行ってみたいなぁ~♡
    小学生くらいになれば、水族館満喫してくれそうだよね☆
    楽しい日帰り旅行が出来て良かったね!!
    今度、どっか一緒に行きましょう♪

    • 管理人☆
    • 2008年 8月 05日

    そうそう!!うちの子も小さいときは興味ゼロっていうか怖がって嫌がってた(笑)
    でも今は大好きみたい☆小さい船に乗ったんだけど怖がる私を子供が介抱してくれてました(^^;)子供の成長と私の老化を実感いたしました(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る